スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

海南市 船尾山(フノオヤマ)

 
今朝は小雨のぱらつく中、海南市と和歌山市の堺にある船尾山散歩です。
実は先日、浜の宮より登りましたが、標高50m付近で猛烈なブッシュに阻まれて、
恥ずかしながらの敗退です。
睡蓮1


 
バイクで温山荘の前を左折、ハイキングコース登山口へ。
小雨がぱらついています。この程度なら傘で大丈夫でしょう。
樹林の中は雨がかかりません。薄暗い小さな沢沿いをつづら折りに登って行きます。
ただ暗くて写真は手振れでまともに写っていません

しばらく行くと周りは姥百合の群生です。
ウバユリ

この花の名の由来は「花の咲く頃には葉が(歯が)無い」。  確かに葉は少ないです。
他の百合の花と比べて大過に可憐さとか美しさは感じられない様です。

坂を登り切るとサブタニ池に出ます。
雨の所為か蛙(多分ウシガエル)の大合唱です。池の周辺を歩くと 先々で「蛙飛び込む水の音」に驚かされます。
水面は暗くて姿は見えません.
水面に多数のスイレンが咲き誇っています。
 


ここからトラバース気味に登ると藪山独特のトンネルがあります
この山に良くあるアセ(ダンチク=暖竹=和歌山ではアセ寿司=サバ寿司に使う)のトンネル。
竹、笹(?)のトンネル。
ここはここは関西電力海南発電所の鉄塔管理道。トンネルを抜けると鉄塔があります。
アセのトンネル 笹(矢竹)のトンネル
 

巨大キノコ発見!27~28㎝位で、私の22リッターのリュックと同じ高さがあります。
特大キノコ


次のトンネルは 山頂の椿の木のトンネル。その北側に新しい地理院の三角点:紀三井寺標石があり、その右手の椿の根元に古い標石があります。その硝石にハイキングコースの案内板???。
確かこの案内板は、何処かのHPで、新しい三角点の横にあるべき地理院の白い木の標識に取り付けられているのを見た記憶があります。
この山では三角点の標石には黄色の登山者テープがまかれ、ハイキングコースの案内板が取り付けられていた標識、今はそれすら見あたらない。何か理由があるのでしょうか?。
山頂の椿のトンネル 古い三角点


因みにここの三角点の「点の記」を記しておきます。

基準点名:紀三井寺
等級:三等三角点
標高:153.75m
所有は関西電力で平成16年に改測されてます。

浄国寺方面に下山道を途中まで見に行き、雨が強くなり引き返しました 。次回は浄国寺から登ってみます。

ガーミンのトラックログoffのままで ログ無しの地図です。














スポンサーサイト


生石ガ峰・黒沢山 | トラックバック(0)2012/07/15(日)11:19

«  | HOME |  »


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

寺ッチ

Author:寺ッチ
ようこそ!
メモ代わりのブログです。散らかってますがごゆっくりお寛ぎ下さい。
花の名などは多々間違いが有るかも知れません。よろしくご推量下さい。
不精者につき、コメント欄は設置いたしておりませんので、ご連絡はメールフォームよりお願いします。

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。